JPHDは後場軟調も待機児童数高水準で事業機会の拡大期待

 JPホールディングス<2749.T>が後場軟調。厚生労働省12日に発表した保育所関連状況取りまとめのなかで、4月1日時点で認可保育所を希望しながら入所できない待機児童数が2万2741人にのぼることが明らかになった。前年比2084人減で3年連続の減少になったが、待機児童数は依然高水準で、保育所整備や保育士の確保などの対策が必要な状況が続いており、認可保育所など子育て支援施設を運営する同社には事業機会の拡大が期待され、押し目買いも散見される。

JPHDの株価は14時33分現在512円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)