パピレスが1対2の株式分割と業績の上方修正を発表

 パピレス<3641.T>は13日、9月30日の株主を対象に1株を2株にする株式分割を発表した。効力発生日は10月1日。また、同日14年3月期の単独決算予想の修正を発表。売上高は従来予想の63億4100万円から70億8000万円(前期比26.9%増)に、最終利益は2億800万円から4億円(同27.8%増)に増額修正している。売上高はスマートフォンやタブレット端末の普及拡大を受け、当初想定を上回っている。また、売上原価はコンテンツホルダーとの協力関係の強化など営業努力が奏功し、競争激化による仕入れコストの上昇を抑えた。また、新規コンテンツ開発費用の発生を見込んでいる制作費が、当初の想定を下回っていることも利益率に貢献した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)