【買い】ソフトバンク<9984>は7000円に再挑戦?iPhone新製品の発売は好材料?悪材料?=ライジングブル藤村

【買い】ソフトバンクは7000円に再挑戦?iPhone新製品の発売は好材料?悪材料?
iPhoneへのNTTドコモ参入受け,株価に少し元気がないが,堅調に推移。

iPhone5c,iPhone5eの販売開始効果は国内は三つどもえの戦い(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)になりますが今後の行方はどうでしょうか?

今までのような勢いでドコモからの乗り換えは期待できませんので国内での成長は鈍化か?

ただ、好材料も目白押し。

東京オリンピックにも通信インフラの構築で貢献していきましょう。

また、ソフトバンクの視野は競争激化の日本から世界へ既に移っています。ソフトバンクは既に米国通信業界3位のスプリントを買収し、米国でのiPhoneシリーズの販売も含めて効果が現れる可能性あり,再度注目。

スプリント買収効果は早くも効果がでていくか?

ただ、7000円近辺は重くなりやすいので,当面は大ロット短期鞘取りをお薦め。

今は資金の回転も速く,短期志向の方はロスカットも利食いも早めに行うことが得策か?

2月の3500円から当予想欄では一貫して買い予想。2月4日(当時3460円)以降,38回目の買い予想。とうとう7000円まで上昇し,5月以降の軟調相場の中でも一人気を吐いてきたのがソフトバンク(9984)でした。ガンホーの子会社化の影響もあり,今期は営業利益1兆円の大台へ。アリババの上場観測などもあり総合力,安定感でトレーディングには最適。ただ、アリババの上場は香港かニューヨークかで一波乱。

引き続き、大化け銘柄による値幅取りと堅実投資、両面を睨むのをお薦め

ソフトバンクはアリババ、スプリント、ガンホーなどグループ力を強化し世界展開へ!孫社長の夢は世界へ広がる!