17日の株式相場見通し=前日の欧米株式の上昇を受け続伸

 17日の東京株式市場は、前日16日の欧米株式市場の堅調を好感し、続伸のスタートとなりそうだ。16日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前週末比118ドル高の1万5494ドルと続伸となった。サマーズ元米財務長官がFRB(米連邦準備制度理事会)の次期議長候補を辞退したことで、今後の金融政策がタカ派的な方向に傾くとの懸念が後退し、引き続き緩和状態が続くとの見方が強まり、米10年物国債利回りが低下(価格は上昇)し、株式への買いが優勢となった。外国為替市場では、1ドル=99円10銭台での推移となっている。
 日程面では、8月の首都圏マンション発売動向、米8月の消費者物価指数、FOMC(17~18日)が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)