明日の米FOMCを前に動きづらい?=外為どっとコム総研 川畑琢也

明日の米FOMCを前に動きづらい?
昨日のドル/円は、「サマーズ氏が米連邦準備制度理事会(FRB)次期議長候補を辞退」との報道を受けて前週終値より安く始まるも、売り一巡後は下げ幅を縮小して取引を終えた。

本日から明日にかけ、米連邦公開市場委員会(FOMC)が行われる。市場では量的緩和の規模縮小を開始するとの観測が優勢となる中、明日の発表を見極めたいとのムードが強く、ドル/円相場は上下に動きづらい展開が予想される。なお、前週13日に発表された米経済指標は予想を下回る結果が相次ぐも、明日のFOMCでの規模縮小開始観測に影響を与えるには至らなかった。本日発表される米経済指標についても、よほどの結果とならない限りドル/円相場への影響は限定的となろう。

その他、次期FRB議長候補を巡る憶測や、シリア情勢に関する報道にも注目しておきたい。