大豊建は堅調、東証が17日から日々公表銘柄に指定

 大豊建設<1822.T>は堅調。一時、前週末比22円高の318円まで買い進まれている。東証が13日、17日から日々公表銘柄に指定すると発表した。信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方はあるものの、同社が豪雨対策などインフラ防災工事に強みを発揮していることなどから、台風18号により大きな被害を受けたことの影響もあり、災害対策への貢献期待からきょうは買いが優勢となっているようだ。

大豊建の株価は10時3分現在304円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)