Dガレージが朝高後軟調に、ツイッター上場で人気も利食いに押される

 デジタルガレージ<4819.T>が朝高後、軟調に。前週末のストップ高の余勢を駆ってきょうも買いが先行したが、物色一巡後は利益確定売りに押されている。日本時間13日、米ツイッター社が米証券取引委員会(SEC)にIPO申請書類を提出したとツイッター上で明らかにしたことで、ツイッター社に出資している同社株がにわかに注目されていた。ツイッター社の上場は、昨年5月のフェイスブック以来とされる花形IPOとして市場でも注目されている。昨今の円安基調もツイッター社上場時の含み利益拡大につながるとの思惑をよんでおり、押しは浅く再び切り返す場面も期待される。

Dガレージの株価は10時34分現在66万9000円(▼21000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)