ロームが急反発、エコカー用の半導体を増産と報じられる

 ローム<6963.T>が急反発。株価は一時、前週末比290円高い3860円まで買われている。14日付の日本経済新聞で、ハイブリッド車などに搭載して電流や電圧を整えるパワー半導体を増産すると報じられたことを材料視する買いが入っている。記事によると、電力損失の少ないチップの生産量を4倍に引き上げるとしており、エコカーや新興国の電力インフラ整備で需要回復が顕著となっており、これに対応する動きが好感されているようだ。

ロームの株価は10時54分現在3790円(△220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)