大豊建など豪雨対策関連が軒並み高

 大豊建設<1822.T>、日本基礎技術<1914.T>、ライト工業<1926.T>など豪雨対策に特殊技術を持つ建設株が軒並み高になっている。16日午前に愛知県豊橋市に上陸、列島を縦断した台風18号により、3人が死亡、5人が行方不明、130人がけがをし、避難指示・勧告は21府県で約60万世帯に上るなど甚大な被害を出したことを受け、災害復旧や豪雨対策工事などの対策関連として期待する買い入っているもようだ。大豊建設は雨水貯留槽建設など浸水対策に独自の技術を確立しており、日本基礎は河川の漏水防止や地すべり対策工事、ライト工は基礎・地盤改良工事に優位性を持つ。

大豊建設の株価は11時15分現在356円(△60円)
日本基礎の株価は11時15分現在357円(△8円)
ライト工の株価は11時15分現在797円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)