午前:債券サマリー 先物は横ばい、米金融政策の先行きに不透明感も

 17日午前の債券市場では、先物中心限月12月限は横ばい。サマーズ元米財務長官が米連邦準備制度理事会(FRB)議長の候補となることを辞退したことから、新FRB議長選任への不透明感が高まったほか、この日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に手控え気分も出ていた。
 債券先物は143円75銭でスタートし、一時143円77銭へ上昇した。現物債市場では、10年債や20年債などの利回りは横ばいだった。
 午前11時の先物12月限の終値は前週末に比べ変わらずの143円58銭。出来高8642億円。10年債の利回りは同横ばいの0.720%、20年債は同横ばいの1.655%だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)