イオンFSが反落、台湾子会社で不適切な会計処理が判明との発表を嫌気

 イオンフィナンシャルサービス<8570.T>が反落。前週末13日引け後に、社内調査により、台湾子会社において過去に不適切な会計処理が行われていたことが判明したと発表しており、これを嫌気する売りが出ているようだ。同社では、事実関係の詳細や連結財務諸表への影響は現在精査中としており、判明次第明らかにするとしている。

イオンFSの株価は12時51分現在2835円(▼86円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)