<後場の注目銘柄>=サンデン、エアコンはアジア向け好調

 サンデン<6444.T>のカーエアコン用コンプレッサーは、欧州で強く世界シェアは約25%で2位を占め、アジア向けの拡大も見込む。また、冷凍・冷蔵ショーケースや自動販売機の大手としても評価を得ている。さらに、海外売上高比率が約60%と高いことも特長。

 14年3月期の会社計画は、1ドル=95円、1ユーロ=125円前提(1円の利益感応度はドル1.5億円、ユーロ1.5億円)で、営業損益70億円の黒字(前期は8億9600万円の赤字)を予想。円安効果に加え、自動車機器が牽引する形で黒字転換を見込んでいる。

 株価は、9月入り以降上昇基調に転じている。しかし、PERは13倍と割安水準にある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)