太陽HDが3日続伸、好業績と中間配当狙いの買い続く

 太陽ホールディングス<4626.T>が3日続伸。9月初旬を境に底値離脱の動きが強まっている。同社はプリント配線板用レジストインキメーカーで世界トップの実力、技術開発型企業として海外で高実績を擁する。14年3月期は、営業利益は前期比6割増となる70億円、最終利益は4割増の47億円を見込んでおり、業績好変化が買い手掛かりとなっているが、足もとは9月中間配当の権利取りの動きも加わっている。60周年記念配と合わせて75円を実施、中間期のみで配当利回りは2%半ばに達しており、これが機関投資家などの大口投資家にとっては大きな魅力だ。

太陽HDの株価は13時39分現在3105円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)