カプコンが反発、「モンハン4」出荷200万本突破を好感

 カプコン<9697.T>が反発し年初来高値を更新した。株価は一時、前週末比78円高い1919円まで買われた場面もあった。この日の午前中に、ニンテンドー3DS」向けの新作ゲーム「モンスターハンター4」の国内出荷本数が200万本を突破したと発表したことを好感した買いが入っている。「モンハン4」は14日に発売したばかりのゲームソフトで、サードパーティのニンテンドー3DSタイトルとしては国内最高の出荷本数を達成したとしている。今月19日から(一般公開は21~22日)は世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ」が幕張メッセで開幕されることから、ゲーム関連に注目が集まりやすくなっていることもプラスに働いたようだ。

カプコンの株価は13時55分現在1852円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)