浅沼組が急伸、一時ストップ高寸前に買われる場面も

 浅沼組<1852.T>が急伸、一時46円高の176円とストップ高寸前まで買われる場面があった。耐震改修などに強みを持ち官公庁建築などに実績を擁していることで、東京五輪関連の一角として人気化。業績は厳しい状況が続き、自己資本比率8%と低い点も気になるが、今3月期黒字化が見込まれることから、これが買いの拠り所となっている。株価は9月初旬の初動時から2倍以上に上昇しており、反落リスクも意識されるところだが、足もとはボラティリティの高さに着目した短期筋の攻勢が続いている。

浅沼組の株価は14時44分現在150円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)