UBICが3連騰、サイバー犯罪で次世代型フォレンジックに期待高まる

 UBIC<2158.T>が3連騰、一時前日比230円高の3975円まで買い進まれた。捜査機関の犯罪捜査において電子データを収集・解析する次世代型フォレンジックソトウェア「Lit ⅰ View Xaminer(リット・アイ・ビュー・エグザミナー)」を開発したことが引き続き評価されている。日本国内で初めて人工知能をベースにした最先端技術を搭載し、警察など官公庁に本格的に提供を開始する予定。デジタルフォレンジックは、米国の捜査機関であるFBIやCIAなどで体系づけられた技術であることから、サイバー犯罪が多発するなかで、同社の技術が威力を発揮しそうだ。

UBICの株価は14時49分現在3950円(△205円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)