宮地エンジが大幅高、橋梁補修需要に思惑

 宮地エンジニアリンググループ<3431.T>が大幅高、200円台を回復し新高値に買われた。アベノミクスが掲げる「国土強靭化」の政策テーマは2020年の夏季オリンピック開催地に東京が決定したことから、その実現が焦眉の急となっている。首都圏でもコンクリート橋梁の老朽化が大きな問題となっており、安全、確実なオリンピック運営を実現するためにその補修・再整備が必須課題となる。橋梁、鉄骨の大手で国土交通省関連の道路橋工事や新幹線の補強工事で実績豊富な同社株にも買い人気に火がついている状況だ。

宮地エンジの株価は14時54分現在205円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)