東洋建など浚渫株が高い、東京五輪の湾岸地区開発で活躍期待も

 東洋建設<1890.T>や若築建設<1888.T>など浚渫(しゅんせつ)株が高い。低位建設株への物色人気が高まるなか、海上土木絡みの浚渫株が人気となっている。東京五輪の決定とともに今後、湾岸地区の開発が進む見込みであり、関連企業の活躍機会が膨らむとみられている。また、羽田空港の利用拡大に向け、新たな滑走路も含め一段の拡張機運も出るなか、浚渫株への見直し機運が強まっている。

東洋建の株価は15時現在317円(△21円)
若築建の株価は15時現在127円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)