中部電の14年3月期営業赤字幅650億円に縮小、配当は見送り

 中部電力<9502.T>は17日、14年3月期の連結業績見通しの修正を発表、売上高は従来予想の2兆7200億円からの変更はないが、営業損益は750億円の赤字から650億円の赤字に、最終利益も750億円の赤字から650億円の赤字に損失幅が縮小する見通し。経営効率化による費用の削減が寄与した。また、これまで未定としていた14年3月期の年間配当(中間期末および期末)は、依然として厳しい収益環境が継続していることから見送る(ゼロとする)ことを発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)