免疫生物はエムコスメティックを子会社化しネオシルク-ヒト・コラーゲンを原料に化粧品業界へ参入

 免疫生物研究所<4570.T>は17日取引終了後、エムコスメティックス(MC社)が実施する第三者割当増資を引き受け連結子会社化、ネオシルク-ヒト・コラーゲンを新しい原料として化粧品業界へ参入すると発表した。今回のMC社グループ化により、ネオシルク-ヒト・コラーゲン含有化粧品を全世界に販売、MC社は当5年後に10億円の売上高を目指す。免疫生物はMC社が実施する第三者割当増資により、株式1600株を1株当たり5万円、総額8000万円で取得、免疫生物のMC社株式の持ち株数は1720株になり、議決権所有割合は79.6%になる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)