パレモが14年2月期の利益予想を下方修正、値引き販売の増加などが要因

 パレモ<2778.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の業績見通しを従来予想の売上高375億円、営業利益5億8000万円、純利益6000万円から、売上高376億円(前期比5.2%減)、営業利益4億2000万円(同1.4%増)、純利益収支均衡へと利益面を下方修正した。新設店の開店を従来予想の40から50店舗に引き上げたことで売上高は上振れするが、既存店売上高が想定を下回っているほか、値引き販売の増加などが粗利率の悪化を招き、各利益を下方修正するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)