◎欧米外為市場サマリー

 17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=99円11~12銭と前日に比べ7銭の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=132円38~42銭と同30銭の円安・ユーロ高だった。 
 この日からあすにかけて開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちの状況で、手控え気分が強まった。米・8月消費者物価指数は前月比0.1%の上昇と市場予想(0.2%)を下回った。これを受け、一時、99円02銭まで円高が進んだが、その後、円売りが流入し値を戻した。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3357~58ドルと前日に比べ 0.0023ドルのユーロ高・ドル安。ドイツ・9月ZEW景況感指数が49.6と市場予想(45.5)を上回ったことから、ユーロ買いが優勢だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)