東海運が7日続伸、短期資金集結の気配

 東海運<9380.T>が7日続伸。上値追い歩調を徐々に強めており、「東京五輪関連の穴株」(中堅証券)との位置づけで一部市場筋の注目を集めている。同社は太平洋セメントを筆頭株主とする総合物流会社で、資材輸送に強みを発揮する。中央区晴海に本拠を構えており、東京五輪関連としての思惑が浮上している。中国内陸への輸送営業強化の動きも、ここ最近の中国経済の減速懸念後退から、同社にはプラスに働いている。加えてPBRが0.6倍台と現状の純資産との比較でも割安感が際立っており、水準訂正余地が大きいとの見方から、短期資金集結の気配を漂わせている。

東海運の株価は10時11分現在282円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)