サンワカンパは大幅安、東証が18日売買分から制度信用銘柄に選定

 サンワカンパニー<3187.T>は大幅安。一時、前日比330円安の2860円まで売り込まれている。東証は17日、13日に東証マザーズに新規上場したサンワカンパニー株を、18日売買分から制度信用銘柄に選定した。日証金も同日約定分から貸借融資銘柄に追加した。
 制度信用銘柄に選定されたことで、売買の自由度が広がるとの見方はあるものの、13日、新規上場2日目で公開価格950円の3.68倍に相当する3500円と高水準で初値を付けたこともあり、反動による売りが続いているようだ。

サンワカンパの株価は10時48分現在2903円(▼287円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)