リノベーション関連銘柄が高い、「ガイアの夜明け」の中古マンション特集を材料視

 インテリックス<8940.T>がストップ高。テレビ東京系で17日放送された「ガイアの夜明け」では、住宅市場が現在活況を呈しており、新築だけではなく「中古マンション」を購入し自分好みに作り替えるリノベーションを行う人が増えていると伝えている。「新築マンション」では価格が高く、住む場所に限りがあるなど制約があるが、「中古マンション」ではリフォームによって、新築同様の状態に回復させることに加えて、自分好みに作り替えることができ、経済的にも低廉なことなどのメリットを持つとしている。今後リノベーションの需要が拡大していくとみられ、関連銘柄のトーセイ<8923.T>やラ・アトレ<8885.T>、ルーデン・ホールディングス<1400.T>も人気を集めている。

インテリクスの株価は11時1分現在7万6800円(△1万円)
トーセイの株価は11時1分現在860円(△33円)
ラ・アトレの株価は11時1分現在457円(△11円)
ルーデンの株価は11時1分現在1万44850円(△550円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)