ダイキンの新値更新基調続く、米国好調、新興国でも展開強化

 ダイキン工業<6367.T>が上昇、13週移動平均線を下支えに新値更新トレンドが続いている。主力のエアコンは米国最大手のキャリア社を抜き世界トップの売り上げ規模を誇るが、その米国で14年2月から省エネ性能に優れる業務用エアコンを生産する意向にあり、昨秋買収した米グッドマン・グローバルの買収効果発現が見込まれている。また、強みとする中国やインド・トルコでの事業拡大にも前向きだ。今3月期は売上高36%増、営業利益41%増を見込むなど業績変化率の高さが光る。輸出比率は60%を超えるが、内需インフラ株や含み資産関連株全盛の地合いにあって、ここ再び日本株買いに動き出した海外資金の物色対象として存在感を示している。

ダイキンの株価は13時40分現在5330円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)