徳倉建設が連日のストップ高、リニア新幹線関連工事の受注獲得に期待

 徳倉建設<1892.NG>が連日でストップ高を付けた。17日は台風18号が愛知県豊橋市に上陸したことから、名古屋に本社を置き、東海地方に高い実績を持つ同社に災害復旧需要が発生するとの思惑が買い気を盛り上げたが、きょうはJR東海<9022.T>が発表した中央新幹線の環境影響評価準備書のなかで、リニア新幹線の詳細なルートや駅の位置を明らかにしたことで、リニア関連工事の受注獲得期待が高まった。ただ、朝高の後は利益確定売りに上げ幅を縮めている。

徳倉建設の株価は14時49分現在171円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)