アイフルが4日ぶり大台回復、低金利環境継続で見直し買い

 アイフル<8515.T>が急伸で4日ぶり4ケタ大台を回復した。業種別では同社をはじめとするその他金融(ノンバンク)業種の上昇が際立っている。日本時間あす未明に結果が判明するFOMCでは、量的緩和の縮小の可能性が高いとみられているが、国内では当面アベノミクスの第1の矢である金融緩和政策の継続が見込まれ、消費者金融業界にとっては調達コストの低位安定的な環境が続く。先駆した建設株に買い疲れ感が出ている中で、ハイボラティリティの同社株に個人投資家の短期資金がシフトされている。

アイフルの株価は14時57分現在1019円(△63円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)