アーバンライフが急伸、森トラスト傘下での経営再建を見直す

 アーバンライフ<8851.T>が急伸、一時前日比29円高の130円まで買われている。大証上場時の4月9日に210円の年初来高値をつけた後に下落、軟調な展開となっていたが、低位材料株が物色されるなかで、同社株も見直す動きとなっている。森トラスト傘下で経営再建を目指しており、不動産賃貸はマンションを中心に好調に推移、今14年3月期は、リゾートマンション付帯事業からの撤退などの影響で営業利益では5億円(前期比10.2%減)の見込みながら、前期計上の構造改革特損が消えることから純利益では3億5000万円(前期実績2億9100万円の赤字)と黒字転換の見込みで、業績面での不安も少ない。

アーバンライフの株価は15時現在117円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)