【買い】世紀東急(1898) 再度の年初来高値更新なるか? = フェアトレード 西村 剛

18日の下落は絶好の押し目か?
■注目銘柄
【買い】世紀東急(1898)

■注目理由
株価は8月末の75円から9月17日に165円まで急騰。オリンピック関連銘柄として個人投資家の資金が低位建設株に流入したことが要因となっている。16日はこれまで低位建設株を牽引していた東急建設(1720)が前日比約6%の下落したことから連想売りにより同社も前日比8.6%の下落となったが、材料難が続く日本株市場においてもうしばらく低位建設株の人気化が続く可能性が高いと考えており、18日の株価下落を押し目買いのチャンスと考えています。ただこれまでのブレイクアウト戦略とは異なり、上値を積極的に買うのではなく、株価が下がったところを指値で拾う押し目買い戦略のほうに該当している点にご注意ください。