19日の株式相場見通し=FOMCの量的緩和縮小見送り受け続伸

 きょうの日経平均株価は上昇が見込まれる。前日発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)では市場の見通しに反して量的緩和が見送られており、これを受けてNYダウが最高値に買われたことで、東京市場でも主力株中心に買いが優勢となりそうだ。ただ、外国為替市場の動きには注意が必要で、円高が進行すれば輸出株には逆風となる可能性もある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)