トヨタが続伸、円高も米国株高受けて買い優勢に

 トヨタ自動車<7203.T>が続伸。前日の米国株市場でNYダウが最高値を更新、これを受けてリスク許容度の高まった外国人買いなどを背景に買いが優勢となっている。注目されたFOMCでは量的緩和縮小が見送られたことがサプライズとなり、外国為替市場では円高が進行しているが、海外で1ドル=97円台に買われたものの、足もとは1ドル=98円台で推移していることもあり、輸出採算悪化懸念による売り圧力は限定的だ。また、同社は18日、ロシアで16年から多目的スポーツ車「RAV4」の組み立て生産を始めると発表していることも株価を刺激している。

トヨタの株価は9時7分現在6380円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)