ドル円は、正念場!

マーケットコンディション
昨日、99.11円で始まったドル円は、方向感のない中99円を挟みながら
推移した。注目されていたFOMCでは、「現行の量的金融緩和政策を維持」
とのことで、一気に売りが加速。97.76円近辺の安値を付ける。
若干の買い戻しも見られたが、97.90円と98円割れでクローズをむかえた。
ドル円は、正念場!
FOMCの発表による売りが入り、97円台をみたドル円だが、レベル的は
押目として、買うかどうかの正念場である。

ファンダメンタルの流れを考えると、ドル円は上昇と予測するが
テクニカル的には、97円台は、チャートの形を崩しかねない値位置である。
8/8の安値95.79円と8/28の安値96.81円の延長線上に昨日9/18の安値97.76円
が到達。この安値が維持されれば絶好の押目買いといえる。
また、8/8の安値95.79円から9/11の高値100.60円の61.8%戻りが97.63円となり
ドル円は、下げ一杯のレベルと予測する。
8/28の安値96.81円までのリスクを取りながら、買いで仕掛けたい。

☆戦略
買い方針継続

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.00
99.33(9/19の高値)

-------------------------------------------------------

97.76(9/19の安値)
97.63(8/8L95.79-9/11H100.60の61.8%)
96.81(8/28の安値)
95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は9月19日9:20に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。