ツルハHDが大幅反落、6~8月期営業利益3.8%増も利益確定売り

 ツルハホールディングス<3391.T>が4日ぶり大幅反落。同社が18日発表した13年6~8月期(14年5月期第1四半期)の連結決算を発表では、売上高が前年同期比6.1%増の933億6800万円、営業利益は同3.8%増の65億5000万円、最終利益は同1.8%増の40億3600万円だった。しかし、伸び率が鈍いこともあり、利益確定売りが出た。同社ではドラッグストア業界の競争激化の流れのなかで、カウンセリングを主体とした接客サービスの徹底を継続、PB商品の積極展開や販売点数増加をベースとした新たな販売促進手法を導入し増収を確保している。なお、14年5月期通期業績見通しについては従来予想の売上高3620億円(前期比5.5%増)、営業利益235億円(同6.8%増)、最終利益137億2800万円(同2.0%増)からの変更はない。

ツルハHDの株価は9時25分現在8440円(▼430円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)