清水建は堅調、シティ証は投資判断を「中立」に引き上げ

 清水建設<1803.T>が堅調。シティグループ証券は18日付のリポートで投資判断を従来の「売り」から「中立」へ、目標株価については300円から490円へそれぞれ引き上げている。
 リポートでは「建設需要の増加確度が一段と高まったことで株式市場の視点は長期業績に移行するものと考えられる。不採算工事の影響が一巡する16年3月期の利益予想に基づけば、バリュエーションが過度に割高とは言いづらい。当証券では14年3月期の売上高を従来の1兆4101億円から1兆4123億円(前期比0.3%減)、営業利益は155億円から162億円(同23.7%増)へ引き上げる」としている。

清水建の株価は9時57分現在493円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)