アクロディアは反落、韓国などでの新アプリ配信も買い一巡後は値を消す

 アクロディア<3823.T>は、一時前日比3800円高い5万7100円まで買われたが、その後は値を消し反落となる展開。18日に、連結子会社であるAcrodea Koreaが韓国最大手のモバイルゲームパブリッシャーであるCJ E&M Netmarble(韓国ソウル市)を通じて、シューティングアクションディフェンスゲーム「Bounce Man for Kakao」をカカオゲームから配信を開始したことを発表している。 
 「Bounce Man」は、バウンスエネルギーを奪うため地球にやってきた宇宙人を様々なアイテムや必殺技を使用し、撃退するシューティングアクションディフェンスゲーム。簡単な操作方法と躍動感あふれるアクションが特徴で、幅広い年齢層からの支持が期待される。国内では、同じく18日から野球ゲーム「野球しようよ♪ガールズスタジアム」の配信を開始しており、積極的な新アプリ投入が注目されているが、株価は、買い一巡後は目先的な売りに押されている。

アクロディアの株価は10時8分現在5万1900円(▼1400円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)