<前場の注目銘柄>=ダイヘン、太陽光発電向けパワコン好調

 ダイヘン<6622.T>は調整一巡から再騰機運を高めており、7月高値495円更新に期待。

 第1四半期(4~6月)好調を受けて、9月中間期の業績予想を営業利益で期初予想の15億円から22億円(前年同期比4.9倍)に増額修正したが、14年3月期通期予想は同45億円(前期比50.8%増)を据え置いた。

 しかし、足もとは太陽光発電向けのパワーコンディショナーの受注が好調で、6月末の受注残は250億円と前年同期比3割近く増加。当然、パワコン生産はフル稼働状態が続いている。また、主に自動車業界向けに溶接ロボットも好調で、増額修正は必至との見方が強い。PBRも1倍前後と割高感がなく、上値余地が感じられる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)