ヤマダ電は堅調、三菱UFJMS証は目標株価を3150円に引き下げ

 ヤマダ電機<9831.T>が堅調。三菱UFJMS証券は18日付リポートで投資判断について「ニュートラル」を維持。ただし、目標株価については従来の4100円から3150円に引き下げた。
 リポートでは「14年3月期経常利益予想は前期比5.5%減で前回予想比18.7%減の452億円を想定する。売上高に関しては従来当証券予想を据え置くが、粗利率については改善の兆しがでているものの足もとまでの低下分を踏まえ前回予想比0.6%引き下げた。下期に向けて家電販売基調の底入れとともに収益性コントロールの確認が重要とみている」としている。

ヤマダ電の株価は10時11分現在2914円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)