ユナイテッド海の上昇続く、バルチック指数1年9カ月ぶりの高値

 NSユナイテッド海運<9110.T>の上昇が続いている。中国の景気減速懸念の後退や欧州経済の回復期待から海運市況が改善傾向を強めており、特に鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的値動きを表すバルチック海運指数の戻り足が顕著となっている。同社は2010年10月に旧新和海運と日鉄海運が合併し誕生したが、ばら積み船を主力としている。18日のバルチック海運指数は前日比82ポイントの急伸で1822まで上昇、約1年9か月ぶりの水準に達しており、追い風は強まる一方だ。業績も前期実施した不採算船の解約が今期の利益に貢献、3期ぶりの復配も視野に入れ、これを先取りした短期資金の買い攻勢対象となっている。

ユナイテッド海の株価は11時21分現在238円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)