サンワカンパが続落、損失覚悟の売り加速

 サンワカンパニー<3187.T>が続落。13日に東証マザーズ市場に新規上場した直近IPO銘柄だが、上場初日はカイ気配のまま値がつかず、上場2日目の17日に公開価格950円の3.7倍にあたる3500円で初値をつけた。ただし、17日には初値を下回って取引を終え、18日にも下落するなどその後は下落が続いており、初値からの上昇を期待して買った投資家の損失覚悟の売りなども出ているようだ。20日にはオープンハウス<3288.T>の東証1部上場を控えていることから、これに対する換金目的の売りも出ているようだ。

サンワカンパニの株価は11時30分現在2680円(▼221円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)