プレス工がしっかり、7月8日の戻り高値477円を意識

 プレス工業<7246.T>がしっかり。ここ商い増勢で上値指向にあるが「大口の個人投資家資金など中期スタンスで業績変化を期待する買いが継続している」(中堅証券)という。同社はトラック向けを主力とするプレス部品の大手で今3月期の連結経常利益は94億円と前期比6%弱の伸びを見込んでいる。しかし、これは取引先のトラック生産台数を弱めに見た保守的な数字で増額修正の可能性が指摘されている。株価は5日・25日移動平均線のゴールデンクロスから値動きが大きくなっており、7月8日に上ヒゲでつけた戻り高値477円払拭となれば上げ足がさらに強まる可能性がある。

プレス工の株価は12時44分現在466円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)