ハピネットが反発、ブルーレイの音楽作品発売も株価刺激

 ハピネット<7552.T>が反発。バンナムHD系を筆頭株主とする玩具、ゲーム卸の最大手で今3月期営業利益は前期比14%増と二ケタ増益が濃厚でさらなる上乗せも視野にある。国内発売日が来年2月22日に予定されるソニーの「プレイステーション4」は、同社の家庭用ゲーム卸部門を牽引する。また、同社は来月ブルーレイ・ディスクを使った音楽作品を国内で初めて発売する見通しにあり、これも業績への貢献が期待されている。PER、PBRいずれも割安、配当利回りも3%超と高い。

ハピネットの株価は13時37分現在718円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)