クスリのアオキが続急落、第1四半期の営業小幅増益を嫌気

 クスリのアオキ<3398.T>が続急落、一時400円安の6420円まで売られている。18日、大引け後に今14年5月期の第1四半期(6~8月)決算を発表、売上高では282億9200万円(前年同期比25.1%増)と大幅な増収となったが、営業利益では12億9800万円(同2.6%増)と小幅な増益にとどまったことが嫌気されている。激しい出店競争や価格競争に絡んで販管費が増加していることが圧迫要因となっている。
 通期は売上高1079億1500万円(前期比15.8%増)、営業利益44億9400万円(同2.4%増)の期初予想を継続しているが、7店舗の全面改装を行い既存店の活性化を推進、ドラッグストアを石川県に1店舗、富山県に3店舗など合計10店舗を出店しており、これらの効果が期待される。

クスリのアオキの株価は14時10分現在6450円(▼370円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)