ロームが3連騰、赤外線モジュールやパワー半導体好調

 ローム<6963.T>が3連騰と気を吐いている。電子部品セクターは円高修正効果に加えて、出荷拡大が続くスマートフォン向けや北米を中心に好調な自動車向けに需要増勢、業績面で買い安心感があるが、そのなか同社はスマホ向け赤外線モジュールなどが伸び、今3月期に27%経常増益の150億円を見込むなど好調だ。自動車向けではハイブリッド車向けに、電流や電圧を整えるパワー半導体への引き合いが旺盛で増産に踏み込む見通し。これも株価を後押ししている。

ロームの株価は14時11分現在3955円(△145円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)