ノンバンク株が軒並み高、長期金利急低下を好感

 イオンフィナンシャルサービス<8570.T>、ジャックス<8584.T>などの信販会社や、アコム<8572.T>など消費者金融株が軒並み上昇、金利低下メリットを背景としてノンバンク株が業種別騰落率の上位に買われている。国内はアベノミクスの政策意向を反映して低金利環境が継続しているが、足もと一段と金利が低下、10年物国債利回りは0.66%と0.7%台を大きく下回った。これは今年5月初旬以来の水準で、これによる調達コストの低下が収益メリットにつながる材料として好感された。

イオンFSの株価は14時21分現在3080円(△75円)
ジャックスの株価は14時21分現在538円(△13円)
アコムの株価は14時21分現在3400円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)