新日鉄住金など鉄鋼株が後場一段高、需要増勢と販価上昇が後押し

 新日鉄住金<5401.T>を筆頭に鉄鋼株が後場一段高に買われた。業種別騰落率でトップに買われている。建設株や不動産株と比較して相対的に出遅れていたが、2020年の東京五輪開催に向け首都圏インフラの再整備が行われれば、建設資材として鉄鋼需要の増加も見込まれる。ここ相次ぐ販売価格値上げの動きも株価上昇を後押しする材料だ。新日鉄住金は新高値に歩を進めているが、時価は2010年5月以来、3年4カ月ぶりの高値水準に達している。

新日鉄住金の株価は15時現在349円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)