帝人が腹腔鏡手術向けに植物由来の生分解性癒着防止ゲル材を開発

 帝人<3401.T>は19日、腹腔鏡手術向けに植物由来成分による生分解性ポリマーを使用したゲル状の癒着防止材を開発したと発表した。今回開発した癒着防止材はセルロースを化学修飾したゲル(ゼリー)状の多糖類ポリマーで、狭い部位や形状が複雑な部位にも使用可能。生分解性ポリマーの癒着防止ゲル材は数日間で生体内に吸収され、除去する必要がない。既に動物実験により癒着防止効果を確認しており、20年までの実用化を目指す。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)