東エレクが堅調、円安と国内BBレシオを好感

 東京エレクトロン<8035.T>が堅調、株価は5日続伸で13週・26週移動平均線上に浮上するなど戻り足を強めている。米量的緩和の縮小見送りでいったんは円高に振れた為替市場も足もとは円安方向に巻き戻す動きにあり、1ドル=99円台半ばまで円安が進行している。これが輸出採算改善の思惑からプラスに働いているほか、日本半導体製造装置協会が19日に発表した8月の日本半導体製造装置のBBレシオが1.16と5カ月連続で1を上回っていることも好感された。なお同日、国際半導体製造装置材料協会が発表した8月の北米地域の半導体製造装置のBBレシオは0.98倍と7月の1.00倍から低下したが、米国経済への回復期待は引き続き強く、これを悪材料視する動きは限定的だ。

東京エレクの株価は9時13分現在4785円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)