買いから入るが、昨日の高値手前で利食いする小刻み回転。

ドル円の日足はチャートではブルだが、ストップも付いてしまいさほど大きな上昇は今日はなさそう。
昨晩の概況

昨日のドル円の上昇、クロス円の上昇は朝方には全くイメージ出来ないほど大きなものでした。インターバンクも戻り売り姿勢で売り上がったからこそ、途中から98.50越えでストップロスが溜まり相場を大きく押し上げてしまったと思われます。昨晩海外時間は98.80台が底固くNY参入前では98.84近辺が割れずに堅調推移。昨晩19:34に速報に「今晩のドル円」としてコメントを書いていますが、98.80台で買って99.11のストップを狙う方針は正解でした。NYはスタートこそ98.90台前半でしたが、99.00をクリアに抜けてからは、18日のNY高値99.11を一気に抜いてストップを付け、その勢いで99.40、50にあったストップも付けてインターバンクは高値99.65を擦りました。その後はダレて99.20割れへ。ただし引け前に99.50台まで戻し99.47引け。ユーロ円も134.95まで吹きあがって、オセアニアの安値(前日NY引け直後)132.30台前半から見て2円60銭以上の急騰。ドル円やクロス円は下がったところで買いたかった連中がいかに多かったかが判るような値動きでした。100.62までタッチした後、下がる過程で、仕方なく一旦ロングを止めた海外のファンド連中も再び下がったところで買い場探しをしていて、上手くドル円を買い切れず、昨日上がってしまい仕方なく98円台後半や99円前半でロングを再構築していたのではないかと思われる値動きです。
前回9月11日に100.62まで跳ねた時に本邦実需が相当気合い入れて先物を売ったと聞いていたから逆に99円台前半や99.50にはそんなにオーバーナイト・リーブオーダーで輸出の売りがないんじゃないのかと思っていましたが、99.00から99.50越えまではかなり上昇スピードが速かった印象。一目均衡表日足の雲で綺麗に跳ね返し、基準線(98.712)も転換線(99.182)もぶち抜いた強い日足チャートになってます。遅行スパンも実体に当たって再度上昇。103.74から引いた日足の抵抗線が支持線に切り替わったラインは昨日は98.02あたりにありましたが、このサポートラインと日足の雲とがダブルサポートとなってドル円を支えたと言っていいでしょう。今日の21日移動平均線(ボリンジャーバンドのセンターライン)は99.031、90日移動平均線は98.844に位置しています。100円が相当遠くなったとみんなが思った昨日の朝、誰も99.65までドル円が戻ると思わないからこそ、短期のショートが溜まりストップで98円のミドルが越えた。その後はファンド、輸入、機関投資家と入り乱れて下がったら買いたかった買い切り玉に近い買いが出て、更に売り上がったショートを巻きあげたためドル円は急騰しましたが、海外勢が出てきた午後4時から相場が一変した事は間違いないですね。この時間帯は動きに毎日注意しましょう。

ドル円 買い
ドル円は押し目買い。99.200、99.100で買いから参入し、ストップは98.800に置きます。99.550、99.650と昨日の高値の手前で利食いするようなイメージ。99.65までもうストップはないので、果たしてそんなに簡単に上がるかどうか。今日出来上がるショートが溜まらないと99.65アッパーのストップが溜まって来ないと思うので、利食いは早めに、上がりにくいと判断したら早逃げも。

レンジ 98.950(99.150)--(99.550)99.650 
作成時 99.376-380 8:46AM


ユーロドル 方向感がはっきりせずオーダーを置きにくい。買いですが。ユーロドルは買い目で1.35000近辺をイメージしますが、オーダーは指しません。ストップは1.34700で、利食いは1.35750でイメージしました。

レンジ 1.34800(1.35000)--(1.35650)1.35850 
作成時 1.34540-549 9:15AM


ユーロ円 買いユーロ円は 134.350、134.200で押し目買い。ストップは134.000に置きながら、134.950、抜けて135.100で利食いする回転をイメージしましたが、ドル円がもう上値突っかけてますね・・・・ユーロ円も134.70まできてしまいました。

レンジ 134.100(134.300)--(134.950)135.150 
作成時 134.648-657 9:28AM