長谷工はしっかり、シティ証は投資判断を「買い」へ引き上げ

 長谷工コーポレーション<1808.T>がしっかり。シティグループ証券は19日付のリポートで投資判断を従来の「中立」から「買い」へ、目標株価を150円から190円へそれぞれ引き上げた。
 リポートでは「14年3月期通期業績について、当証券では営業利益は従来の270億円から272億円(前期比11.8%増)に増額。中長期的な建設需要の増大が見込まれるなか、同社の本業であるマンション建設事業では競争緩和と利益率改善の蓋然性が高い。また、財務については優先株残額250億円の償還時期は15年3月期150億円、16年3月期100億円と想定。15年3月期の増益確度が高まれば優先株償還にメドがつくことから、早ければ手持ちの受注残高から翌期収益水準が概ね固まる第2四半期決算発表時(13年11月)に復配が示される可能性がある」としている。

長谷工の株価は11時11分現在147円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)